伊集院キリスト教会について


日本バプテスト伊集院キリスト教会

 

 

 伊集院キリスト教会は1930年、西南学院大学神学部を卒業したばかりの麦野七右衛門(福岡県出身)によって開拓伝道が始められました。伊集院町(現日置市)は、1549年にフランシスコ・ザビエルが一宇治城内にて15代藩主島津貴久に謁見し、鹿児島における布教許可を求めたことがあり、日本のキリスト教の発祥の地とも言える町です。しかし開拓が始められた1930年当時、キリスト教は「耶蘇教」とののしられ、人々の理解を得ることは容易ではありませんでした。そのような状況の中、七右衛門牧師は街角にて福音を説く、いわゆる路傍伝道によって伝道活動を開始します。一年後には初めての信徒も与えられ教会の働きは前進していきます。また1934年には地域伝道と貢献のため幼稚園を開設します。以来、80年にわたってキリストの福音を宣べ伝え続けてきました。

麦野七右衛門牧師(1904〜1992)


 

  伊集院教会のスローガンは「さつまにキリストの光を」です。薩摩半島で言えば中央部に当たる伊集院を拠点に、南薩摩(枕崎、川辺、加世田)や北薩摩(川内、宮之城)などにて伝道を展開していきました。その中で1947年には枕崎伝道所を、1961年には川内伝道所(1988年教会組織)を開設し、さつま伝道は広がりを見せています。

 

 1973年には2代目の牧師として麦野賦を招聘。自動車を用いた伝道圏の拡大と組織の充実が図られました。2003年には光が丘チャペルが完成し、150名礼拝が可能な状況が整いました。チャペルは毎週の礼拝の他に、幼稚園の礼拝、保護者会などの園行事、またコンサートや講演会など地域に向けた活動にも用いられています。また日本バプテスト連盟の南九州地方連合においては、連合の大会や総会などの会場として用いられています。

 

 2008年より現牧師の麦野達一を招聘し、礼拝の充実と伝道の前進に教会員一同取り組んでいます。これまでに伊集院教会は13名の直接献身者を送り出しています。これからも送り出す教会として主の使命に歩んでいきたいと祈り願っています。

 

 伊集院教会は日本バプテスト連盟に加盟しています。日本バプテスト連盟は現在では日本全国に約330の教会と伝道所がある伝道体です。バプテストは各個教会主義を大切にし、サイズの大小はあってもそれぞれの教会は自立した存在として認め合います。故に連盟には従属するのではなく、自らの意思で加盟するのです。

 伊集院教会は1947年に連盟が結成された時の16の教会の中の一つです。(福岡教会、西南学院教会、目白ヶ丘教会、長崎教会、小倉教会、門司教会、東京第一教会、シオン山教会、八幡教会、大牟田教会、戸畑教会、広島教会、呉教会、下関教会、熊本教会、伊集院教会)